まぶたがくぼむのを解消する

まぶたのくぼみを改善する方法

まぶたのくぼみを改善する方法

まぶたのくぼみ、いつ頃から気になってきましたか?またそれを治すために何をしてきましたか?

 

実際には、鏡を見てため息をつくだけで、特に何もしなかった方が多いでしょう。何をすればよいのかわからなかったからです。
でも、今、何か手を打たなければ、さらにひどくなることはあっても、良くなることはないのです。

 

私も、まぶたのくぼみに悩んできましたが、やっと、良い方法を見つけました。一緒に取り組んでみませんか?

 

まぶたのくぼみの原因
まぶたのくぼみに効果的なアイクリーム
まぶたのくぼみの改善法
まぶたのくぼみを美容整形で治す

 

これらについて詳しく調べました。

 

特に、まぶたのくぼみに効果的なアイクリームのご紹介は、自信作です。

 

 

 

まぶたのくぼみの原因

 

まぶたのくぼみの原因には、次の理由が考えられます。

 

コラーゲン・セラミド・エラスチンの減少

 

コラーゲン・セラミド・エラスチンは、私たちの肌や骨、筋肉を作る、大切な成分です。
しかし、年齢とともに、体内のコラーゲン、セラミド、エラスチンの量は減少していきます。

 

コラーゲンの場合、20歳くらいからすでに減少し始め、0歳を100とした場合、30歳で、なんと40にまで減ってしまいます。
よく昔、20歳はお肌の曲がり角なんていう言葉を聞きましたが、これは、そんな理由がもとでできた言葉でしょう。

 

実際には、20歳で肌の老化を感じる方は少ないですが、30歳を超えると急に実感します。

 

セラミドも同様に、体内で減少していきます。そのスピードは、人によってもかなりバラツキがありますが、30歳では、半分以下に減る方が多いです。

 

エラスチンについては、減少のスピードは、他の二つに比べると、まだゆっくりです。それでも、20代後半がピークで、その後減少していきます。
減少のスピードがは、40代に入ると急激に進みます。

 

だから、40代に入ると、とたんにお肌の状態が悪くなる方が多くなるのですね。

 

こんな風に、肌にとって大切な成分が、20代〜40代にかけてどんどん減っていくので、まぶたのくぼみも進行するのです。

 

 

 

皮下脂肪の減少

 

 

まぶたの皮下脂肪は、若い時は取りたい方が多いようです。それは、皮下脂肪のせいで、まぶたが腫れぼったく見えるからです。
また、アイプチなどをしたくても、まぶたの皮下脂肪のために、うまく線が入らないこともあります。
特に一重の方は、皮下脂肪の吸引を考えることが多いですね。

 

しかし、年齢を重ねると、まぶたの皮下脂肪が減少して、そのためにまぶたがくぼみ、気になる方が増えるのです。

 

皮下脂肪が減ると、まぶたが目の中に落ちこんで目がくぼみます。これは、骨格的な問題があって、どうすることもできません。
頭蓋骨を思い浮かべるとわかりますが、目の部分は骨がありませんよね?
なので、皮下脂肪が減ると、目が落ち込むのです。

 

減っていく脂肪を増やすことはできません。体重を増やすなんて意見もありますが、それでも目の周りの皮下脂肪が復活する保証はありません。
なので、他の方法でまぶたのくぼみを止めるしかないのです。

 

 

眼輪筋の衰え

 

 

眼輪筋とは、目の周りをぐるっと囲んでいる筋肉のことです。先ほどまぶたの皮下脂肪を増やすことはできないと言いましたが、まぶたのくぼみを止める方法はあります。

 

それが、眼輪筋を鍛えることです。
眼輪筋が、目の周囲の皮膚を支えているので、これを鍛えることで、まぶたのくぼみがすこしましになります。

 

ということで、まぶたがくぼむのは、年齢を重ねるとしょうがないとも言えます。
ただ、とても老けて見えるので、嫌な方は、アイクリームやマッサージで改善しましょう。

 

 

 

まぶたのくぼみに効果的なアイクリーム

 

まぶたのくぼみを改善するのに最適なアイクリームがあります。それが、ビーグレンのアイクリームです。
ビーグレンは、あまり有名なブランドではないので、聞いたことがない方も多いかもしれません。

 

もともと、アメリカで誕生したブランドで、日本にやってきました。
店舗兼サロンが、東京にひとつだけありますが、通販ブランドです。

 

悩み事別にラインナップがあり、ニキビケア、毛穴ケア、エイジングケア、美白のラインがあります。

 

自分にあったラインを使うと良いのですが、それらのどのラインにも追加できるのが、これからご紹介するアイクリームです。

 

 

ビーグレンのアイクリームの特徴

 

ビーグレンのアイクリームが、他のブランドと違うのは、これ一つですべての目の周りの悩みを解決できることです。
その理由は、高い浸透力を持っている事。
その浸透力は、医療技術によってもたらされたものです。それを美容に応用して、特許を取得しているのです。

 

なので、15種類も美容成分を配合して、それを肌の内部に届けることができます。
悩み事に必要な成分は、異なりますが、考えられるすべての必要な成分を配合して、きちんと肌の内部にまで届けることができるのは、ビーグレンだけです。

 

まぶたのくぼみ、クマ、乾燥、くすみ、まぶたのたるみ…すべてを改善できるのが、ビーグレンのアイクリームです。

 

ビーグレンのアイクリームの価格

 

アイクリームは、どこのブランドが作っても価格が高いです。美容成分が高いことも理由のひとつでしょうし、研究・開発にも費用がかかります。それを回収できなけらば販売の必要がないので、アイクリームが高いのは、ある程度仕方がありません。

 

ビーグレンのアイクリームは、1本12000円です。
他のブランドとさほど変わらず、やはり高いです。

 

しかし、お試し商品があって、単発で現品の3分の1の量のアイクリームを購入できます。しかも、その価格は、65%オフという破格です。

 

これは、ぜひ、お試しする価値ありです。私もお試しから本製品の購入にいたりました。

 

もちろん、本製品は、必要な方だけ買えばよいのです。
ビーグレンは、一切勧誘のないところがお勧めの点でもあります。

 

ビーグレンのアイクリームはこちら
   ↓    ↓    ↓

 

 

まぶたのくぼみの改善法

 

まぶたのくぼみを改善するには、次のふたつのことが有効です。

 

眼輪筋を鍛える

 

眼輪筋を鍛えると、まぶたのくぼみを改善することができます。効果的な動画を調べました。

 

 

1、光を見た時に眩しいと、目をすぼめますね。そのように目を動かしてください。下まぶたが動きます。

 

2、上まぶたの目尻よりの部分を人差し指で固定します。その時に少し斜め上にひっぱるようにします。そのまま、先ほどと同じく、眩しい時のように、目をすぼめて下さい。

 

3、上まぶたの中央をしっかり指で押さえます。そのまま目をギュッと閉じます。人差し指で押さえているので、閉じることはできません。閉じるような動きをするだけです。

 

4、にらめっこの狐の目にします。目じりを人差し指で引っ張って、目をギュッと閉じます。目頭側にシワができます。
  この動きをすると、人差し指が目のほうに引っ張られるのがわかります。

 

5、目の下に人差し指を置き、アカンベーをします。そのまま、目をすぼめるようにします。眼輪筋以外の運動にもなります。
すべての運動を5回を1セットとして、5セットしてください。

 

 

こちらは、眼輪筋を鍛えることでドライアイや目のクマが治ると、本まで書いていらっしゃる先生の動画です。
眼輪筋に負荷をかけるために、指で固定することが大切です。

 

これを見て、力をあまり入れずに、毎日続けることで眼輪筋が鍛えられるでしょう。ひいてはそれが、まぶたのくぼみを改善するのに役立ちます。

 

 

コラーゲンを摂取する

 

コラーゲンは肌や筋肉をつくっていますが、減少していると書きました。そこで、コラーゲンを積極的にとって、肌内部のコラーゲンの量を増やしてあげることが大切です。

 

コラーゲンの選び方

 

コラーゲンは、魚、豚、トリなどの種類があります。もともと私たちの体の中にある成分なので、コラーゲンを持っている生物の種類も多いです。
種類は、特にどれがお勧めと言うのはありません。

 

なので、ある時にサケコラーゲンを取って、あまり効果を感じなかったのであれば、豚に変えてみる、などすれば良いでしょう。

 

私のお気に入りのコラーゲンはこちらです。

 

この会社は、コラーゲンの老舗で、日本で一番売れているというコラーゲンです。
しかも、コラーゲンペプチド100%なので、これ以上の高純度のコラーゲンはありません。

 

また、無味無臭なので、飲み物や料理の味を邪魔しません。
私は、かなり前から販売されている有名なコラーゲンが、ニオイが苦手で飲めなくて、家族にあげてしまったのですが、この粉末のコラーゲンは、全くニオイがないので、毎日きちんと取ることができます。

 

ニッピ コラーゲン100

 

 

コラーゲンと一緒に取りたい栄養素

 

コラーゲンとぜひ一緒にとって欲しい栄養素が、ビタミンCです。
コラーゲンとビタミンCは、まぶたのくぼみを改善するのに完璧な組み合わせです。

 

ビタミンCがコラーゲンと一緒になると、コラーゲンの肌の生成の働きが強化されるのです。

 

ビタミンCは、ドラッグストアのもので十分でしょう。月に換算しても、500円くらいで買えるし、たくさん取りすぎても尿と一緒に排出されるので安心です。

 

 

 

まぶたのくぼみを美容整形で治す

 

 

いろいろ試して、運動もやってみた、でもまぶたがくぼむのが良くならない時は、最後の手段、美容整形です。
美容整形の種類を調べました。

 

ヒアルロン酸の注入

 

手軽にできて、最近人気の美容整形です。また、メスを入れないので他の美容整形に比べると心理的なハードルが低いです。
ただ、ただ単に注入すれば良いのではなく、バランスを見て注入する必要があるので、熟練した医師におまかせしたいですね。

 

変なところがボコッと膨らんでしまう事もあります。
やってみた結果が嫌な場合、分解してもとに戻すことができるのも、ヒアルロン酸注入の特徴です。

 

ただ、効果は永遠ではなく、定期的に注入する必要があります。

 

 

脂肪注入

 

自分の脂肪をまぶたに注入する方法です。
自分の脂肪を取り、きれいに洗浄して、注射器で注入します。

 

全部が定着するのではなく、吸収される脂肪もあります。

 

良い点は、様子を見ながら脂肪を入れられるので、自然になること、悪い点は、しこりになる可能性があることです。

 

 

二重手術

 

二重の手術と同様に、内側から余分な脂肪を縫い、まぶたのくぼみを解消する方法です。
こらも、医師の腕によりますが、ホームページなどで症例を見る限り、それほど不自然ではなく、若返った印象になられています。

 

ただし、縫う場所により、二重の形に特徴が出たりもするので、まずは、自分の好きな形を相談することが大切です。

 

以上、まぶたのくぼみを改善する方法を色々な角度から調べてみました。
まずは、自分で聞きることから取り組んでみて下さい。

 

少しでも若返った自分に会うために…

 

 

ニッピ コラーゲン100

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読